審美的なインプラント治療例1(歯槽堤増大術併用症例)

implant_22

39歳の女性です。数年前から入れ歯を装着していましたが、噛みにくく、入れ歯の留め金が見えて見た目が悪いという理由で、インプラント治療を希望されて来院されました。

implant_23

左右の側方面観。歯が抜けてから長期間経過すると、顎の骨が吸収されて萎縮します。この状態では、自然な形態の歯を再現することは難しいので、一次手術でインプラント埋入と同時に顎の骨の増大手術を行っています。

implant_24

一次手術後の状態。顎の骨が増大され、歯肉が盛り上がっている状態がわかります(すでにインプラントは顎の骨中に埋入されています)。

implant_25

治療後の咬合面観。インプラントの上部構造はセラミック・クラウンにより自然観のある美しい歯に再現されました。

implant_26

治療後の左右側方面観。萎縮したインプラント周囲の歯肉に対しても歯肉移植術にて回復を行い、ブラッシングしやすい環境を作っています。

implant_27

治療後のレントゲン写真。安定した状態を示しています。「本当の歯がよみがえったようで、美しくて何でも噛めて嬉しい」と非常に喜んでいただきました。

戻る

  • 電話をする
  • WEB診療予約