四条烏丸ペリオ・インプラントセンターの審美修復治療

プラークの染め出し

審美修復治療とは、口元をさらに美しく整える治療のことです。

当センターの審美修復治療では、セラミックなどを使ってより自然で白く美しい歯をよみがえらせます。当センターには技工所が併設されており、技工士が常駐しているため、修復物作製がスムーズであることはもちろん、見た目・噛み心地ともに患者様の口腔内によりフィットした修復物を手に入れることができるのです。

【技工士が常駐していることのメリット】

  • 型採りがスピーディーかつ正確
  • 技工士が実際に患者様の口腔内をチェックするため、色合わせが正確
  • 審美修復治療の相談から治療完了までが短期間で済む
  • 歯科医院⇔技工所などの配送費がかからないため、その分安価に済む
  • セット時の修復物の調整が可能

また、美しく健康的な歯周組織をよみがえらせる歯周形成外科や、キレイな歯並びや正しい噛み合わせをとり戻すための矯正治療(専門医と提携)、歯のホワイトニングなどを併用することで、より美しい口元を作ることも可能です。

健康的で美しい笑顔は自信を持たせてくれ、生活を豊かにしてくれるでしょう。

審美修復治療で使用する素材・修復物

オールセラミック(ジルコニア)

補綴物などすべてがセラミックでできています。金属を一切使用しないので、本物の歯同様の色調や透明感を再現でき、より自然な仕上がりとなります。強度も十分あり、金属アレルギーの心配もないので前歯などの目立つ場所の歯によく使われます。また、当センターでは、素材としては主にジルコニアを採用しております。

ジルコニアは日本で使用可能になってからまだ日の浅い新しい素材です。ダイヤモンドの代用品としても知られるキュービックジルコニアとほぼ同じ成分でできているため見た目が大変美しく、強度や耐久性、生体親和性が高いといった特徴もある優れた歯科素材です。

メタルボンド

セラミックの裏側を金属で補強した被せ物です。表側のセラミックは見た目が美しく、変色することもありません。金属で補強されているので強度にも優れていますが、金属アレルギーをお持ちの方は使用できない場合があります。

四条烏丸ペリオ・インプラントセンターのホワイトニング

ホワイトニングとは審美歯科の一分野で、加齢や遺伝などで黄ばんだ歯を専用の薬剤で白く漂白することです。毎日のブラッシングでは落としきれない着色汚れが改善でき、白く美しい歯を取り戻せます。

白い歯は口元を明るく見せ周囲に好印象を与えるため、ホワイトニングは現在注目されています。しかし、その効果には個人差があり、しかも日常のメインテナンスが重要です。一度歯を白くしても食事などの生活習慣で徐々に着色してしまうことがあるため、長く白さを保つためにはメインテナンスがとても重要なのです。

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。歯科医院にて作製した専用のマウスピースに薬剤を注入し、それをお口に装着して歯を白くします。1日数時間、およそ2週間で理想の白い歯が手に入ります。効果があらわれるまでに時間はかかりますが、色が後戻りしにくいというのがメリットです。

※クリックすると大きく画像が表示されます。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。お口をクリーニングしたあと歯に薬剤を塗り、特殊な光を当てることによって歯を白くします。歯科医院で行うので手間が省けるうえに安心して施術が受けられます。1回の施術で効果を実感できますが、色が後戻りしやすいというのがデメリットです。

※クリックすると大きく画像が表示されます。

使用照射器「ブリリカ」

【使用照射器「ブリリカ」】

当センターでは、オフィスホワイトニングに開口器装着型LEDホワイトニングライト「ブリリカ」を用いています。従来のスタンド型とは異なり、お口にはめるタイプで、かつ軽量・コンパクト設計。施術中にも動け、患者様の負担を軽減します。

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用する方法です。オフィスホワイトニングを行って歯をいっきに白くしたあと、ホームホワイトニングを行ってじっくりとその白さを持続していきます。両方のメリットが合わさっているため、もっとも効果の高いホワイトニング方法といえるでしょう。

【使用薬剤「Tion」】

当センターでは、ホームホワイトニング・オフィスホワイトニングにおいて薬剤「Tion(ティオン)」を採用しています。知覚過敏のリスクが抑えられ、しみにくいのが特徴です。また、お口の中に流れ出しにくいジェル状なので、安心して施術をお受けいただけます。

審美歯科での施術例

セラミックインレー症例1

セラミックインレー症例1 セラミックインレー症例1
左下67番:メタルインレーの下に虫歯を認めました。 左下67番:セラミックインレー(E-max)

セラミックインレー症例2

セラミックインレー症例2 セラミックインレー症例2
左下67番:メタルインレー及びアマルガムの下に虫歯を認めました。
左下8番 :裂溝(歯の溝)に虫歯が見られました。
左下67番:セラミックインレー(E-max)
左下8番 :コンポジットレジン修復

セラミックインレー症例2

セラミックインレー症例2 セラミックインレー症例2
左下67番:不適合なクラウン
左下8番 :メタルインレーの下に虫歯を認めました。
左下67番:セラミッククラウン(ジルコニア)
左下8番 :セラミックインレー(E-max)
臼歯部においてもセラミックスを利用することで、汚れの付着しにくさ(清掃性)、審美性が得られます。

セラミッククラウン症例

セラミッククラウン症例 セラミッククラウン症例
30代女性
他院で入れた前歯のやりかえを希望されました。
左右の中切歯の長さが違い、左側中切歯の歯茎には炎症を認めます。
根管治療のやり直しと金属を使わないファイバーポストにより土台を作り、
セラミッククラウンを装着しました。
左右の歯茎のラインの違いは、セラミッククラウンの境界部の形を工夫する事により、手術無しで揃える事ができました。

審美歯科施術例はこちら

治療に関するお問い合わせ・ご相談はこちらから

  • 電話をする
  • WEB診療予約