予防歯科・メインテナンス

虫歯や歯周病は治療よりも予防が大切です

虫歯も歯周病も発症と進行のメカニズムが分かっています。予防のために欠かせないのはお口の中に汚れを残さないことですので、日ごろのケアが欠かせません。そして、毎日のブラッシングに加えていただきたいのが、歯科医院での定期検診です。

京都の四条烏丸ペリオ・インプラントセンター(四条烏丸歯科クリニック)では、再発しやすいお口のトラブル予防に力を入れて、皆様のお口の健康をサポートします。

予防歯科・メインテナンスについて

予防歯科・メインテナンスについて

虫歯も歯周病も再発しやすい病気です。どちらもお口の中の細菌による感染症で、プラーク(歯垢)や歯石に含まれる原因菌の作用によって進行・悪化します。予防のためにはお口の中に汚れを残さないことが大切ですが、セルフケアだけではなかなかうまくいきません。

そこを補うためにおすすめなのが定期検診です。口腔ケアのプロフェッショナルの歯科衛生士がお口のすみずみまできれいにします。そしてお口の中をチェックしますので、もしすでに虫歯や歯周病を発症してしまっていても、早期発見・早期治療が可能です。

メインテナンスの方法
プラークの染め出し

プラークの染め出し

プラークは歯の色と似ているので、どこに残っているかがよく分かりません。そこでプラークを染め出して、汚れが残りやすい部位を確認します。患者様にもご確認いただいたうえで、汚れを落とす歯ブラシの持ち方や動かし方をアドバイスします。

生活習慣の指導

生活習慣の指導

虫歯も歯周病も生活習慣と深く関係します。食事の間隔や食べ方、喫煙習慣や睡眠などについて伺い、お口のトラブルのリスクを低く抑えられるような日常生活習慣指導などのアドバイスを行います。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

専用器具を使って行う歯のクリーニングです。口腔ケアの専門家が行いますので、毎日のセルフケアでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝にひそむ汚れをきれいに落とします。虫歯や歯周病の予防だけでなく、口臭予防などに効果が期待できます。。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、歯質を強化して歯の再石灰化を促すはたらきが期待できます。また細菌の活動を抑制するはたらきもあるので、虫歯予防には定期的なフッ素塗布が有効です。

噛み合わせチェック

噛み合わせチェック

歯は全体でバランスをとっていますが、噛み合わせが悪いと一部の歯に過度の負担がかかり、虫歯や歯周病を発症しやすくなります。また顎関節を傷めたり、歯列全体のバランスをくずしたりすることもあるので、お口の健康のためには定期的なチェックが必要です。

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニング

プラークが石灰化した歯石はブラッシングでは落とせません。専用の器具で歯面の歯石を落とし(スケーリング)、さらに歯と歯ぐきの溝に付着する汚れも落とします。仕上げに歯面を滑らかに整えて(ルートプレーニング)、汚れの再付着を防ぎます。

定期検診が大切な理由

日本では「歯科医院は治療のための場所」だと考えている方がまだまだ多く、「痛くないのに歯科医院に通う」ことに抵抗のある方も少なくありません。

しかし、「歯がしみる・痛む」、「歯ぐきが腫れている・出血する」などの症状に気づいたときには、すでに虫歯も歯周病もかなり進行しているのです。それでは、対処療法しかできず、歯を元の状態に戻すことはできません。

定期検診が大切な理由

お口のトラブルは未然に防げます。病気にかかる前ならば治療が不要なうえ、歯の健康を守ることも可能です。定期検診の受診率が90%といわれているスウェーデンでは、80歳になった時点での残存歯は25本だといわれています。

お口の中の歯は親知らずを除いて、28本ありますので、ほとんど失っていないということになります。定期検診が浸透していない日本では20年ほど前まで80歳の残存歯の平均は約4本でした。

しかし少しずつ定期検診の重要性が語られるようになり、8020運動(80歳になっても20本の歯を残そう)という運動が広がりを見せはじめ、平成28年(2016年)の時点で約15本にまで増えています。

たくさんの歯を失ってしまうと、咀嚼や発音がうまくいかなくなり、表情も乏しくなってしまいがちです。歯が残っていれば、おいしく食べたり、楽しく会話したり、口元を気にせず思いっきり笑ったりすることも自然にできるでしょう。当院では歯の健康維持のため、定期検診を積極的に受けることをおすすめしています。

  • 電話をする
  • WEB診療予約