虫歯・歯周病の再発防止には普段の予防やメインテナンスが重要です

虫歯や歯周病は再発しやすいとされていますが、生活習慣や食生活を見直し、日ごろのお手入れと定期的に検診を受けることで防げる病気です。適切なホームケアと定期的な検診・メインテナンスによって、口腔内の健康を保つことができるのです。また、定期検診を受診していれば、万が一虫歯や歯周病にかかっていたとしても早期発見・治療が可能になるので、比較的軽い治療ですみます。

当センターでは担当衛生士制を採用し、患者様お一人おひとりに合った定期検診・メインテナンスを受けていただくことで、お口の健康を守るお手伝いをしています。

メインテナンスの種類と方法

プラークの染め出し

プラークの染め出し

虫歯や歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)です。毎日きちんとブラッシングをしているのに虫歯や歯周病にかかってしまうのは、正しくみがけていないからです。適切なブラッシングはメインテナンスの基本です。当センターではプラークの染め出しを行い、みがききれていない部分を見つけ出したうえでブラッシングの指導を行っています。

生活習慣の指導

生活習慣の指導

虫歯や歯周病の第一の原因はプラークですが、食事や睡眠時間、喫煙といった生活習慣も原因として挙げられます。健康な口腔内環境を維持するためには、正しい生活習慣を身に付けることが肝心です。当センターでは患者様お一人おひとりに合わせた生活習慣指導を行うことで、お口の健康の維持をサポートしています。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

毎日のブラッシングでは取りきれない汚れやプラークを、専用の機器を使って歯のすみずみまでクリーニングするのがPMTCです。虫歯・歯周病予防などに効果が期待できます。

フッ素の塗布

フッ素には、歯質の強化や歯の再石灰化を促進する働きがあります。また、抗菌作用や抗酵素効果を発揮して、細菌の活動を抑制する働きもあります。そんなフッ素を歯に塗ることで虫歯を予防します。

フッ素を利用した予防法には、ご自宅で毎日フッ素入りの歯みがき粉やスプレーを使用することと、定期的に歯科医院で高濃度のフッ素を歯に塗ることの2通りありますが、当センターでは併用をおすすめしています。

噛み合わせチェック

正しい噛み合わせは、口腔内の健康維持にはとても重要です。噛み合わせが悪いと、歯ブラシの届かない箇所ができるため虫歯や歯周病になりやすくなるほか、肩こりや頭痛、顎関節の痛みなど、さまざまな部位に異常があらわれることがあるのです。当センターでは予防とメインテナンスの観点から噛み合わせのチェックを行っています。

スケーリング・ルートプレーニング

歯面や歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)に付着しているプラークや歯石を除去します(スケーリング)。その後、スケーリングで除去できなかった箇所のプラークや歯石などを除去しつつ、同時にスケーリングでザラザラになった歯面をツルツルにみがき上げます(ルートプレーニング)。ツルツルになった歯面にはプラークや汚れが付着しにくくなります。

治療に関するお問い合わせ・ご相談はこちらから

  • 電話をする
  • WEB診療予約