根管治療について

虫歯は初期段階では痛みを感じることが少なく、気付いたときには症状がかなり進行していることがあります。また、放置しておくと徐々に進行していき、ついには歯の神経までが冒されてしまいます。そのため、歯を削るだけでなく神経を治療しなければならなくなります。このときの治療を根管治療といいます。

根管治療は、まず根管内部の感染した歯質や歯の神経、血管を取り除き、歯の根の内部を清掃します。そして、キレイになった根管内を消毒したうえで隙間なく薬剤を充填。最後に被せ物をして治療が完了します。

根管治療が必要な理由

神経にまで達した重度の虫歯は、抜歯をすれば痛みはすぐに治まります。ですが、だからといって大切な歯を簡単に抜歯するわけにはいきません。なぜなら、歯は1本でもなくなると見た目が悪くなるばかりか、残っている歯の歯並びも変化してしまうのです。ですから、根管治療は歯を残すことを目的とした治療といえます。

根管治療は肉眼で見ることができない領域の治療であるため、歯科医師の技術と経験が必要な難しい治療。そのうえ、治療期間も比較的長くかかります。しかし自分の歯を活かすためにも、根気よく治療を受けることが大切です。

根管治療が必要な症状

根管治療が必要な虫歯の痛みや症状にはどのようなものがあるのでしょうか? 歯の神経が残っている場合と、残っていない場合に分けて、根管治療の必要な痛みや症状をご紹介します。

歯の神経が残っている場合 歯の神経が残っていない場合
  • 冷たい物を飲むとしみる、痛む
  • 甘い物を食べるとしみる、痛む
  • 噛むと痛む
  • 何もしていないのに痛む
  • 歯肉が腫れている
  • 歯肉にさわると痛む
  • 噛むと痛む
  • 歯根の中に内出血があり、歯が浮いた感覚がある

薬剤の充填について

根管治療で重要なのが、神経を除去して根管内を洗浄した後、薬剤を隙間なく充填すること。充填の際に根管内に隙間が残ってしまうと、その隙間で細菌が増殖し炎症を起こしてしまい、再度根管治療を行うことになってしまうためです。薬剤の充填方法としては「垂直加圧充填」と「側方加圧充填」の2種類があり、当院では場合によって充填方法を使い分けております。

垂直加圧充填
垂直加圧充填
側方加圧充填
側方加圧充填
根管の先端まで薬剤を垂直に押し込んでいく方法。薬剤を入れる際に隙間ができにくいのが特徴です。 根管の長さを測り、その長さに揃えた細長い薬剤を入れて歯肉の横から専用器具で圧接する方法。施術中の痛みが少なく、もっとも一般的な方法です。

自費の根管治療の詳細について

垂直加圧充填

垂直加圧充填

このグラフから読み取れるのは、日常の歯科治療では半分以上の割合で再根管治療(感染根管治療)を行っていることを示しています。

悪くなった歯を再び治療をすれば治るかというと、数年後にまた同じトラブルに見舞われ、抜歯になってしまうものが大多数です。

成功率 定義:3~5年後のレントゲン的異常・臨床症状がないもの

専門医の成功率(Grossmanによる世界の論文をまとめたデータより)

(1)抜髄処置:90%前後(初めて神経を取る治療)
日本の抜髄処置の成功率は、60%程度と言われています。

(2)感染根管処置:60~70%前後(2回目のやり直しの治療)

*レントゲン上で膿の袋が5mm以上のものは成功率が38%以下に下がる(Siogrenらの論文より)という報告もあります

【感染根管処置の成功率が低下する理由】
垂直加圧充填

当院では抜髄処置や根尖病変(根の先の膿)に対する感染根管治療において、より安定した治療結果を得るため、従来の保険治療による方法とは違う材料・術式を用いることで成功率の向上を目指しています。

① 診査・診断:歯科用コンビームCT(高精細な3次元的画像が得られる歯科用CT)を用いることで、病変の有無や大きさ、原因根管の特定などより確実な情報を術前に得ることができます。

② 根管内の無菌的操作: 治療中の歯に唾液などから細菌が侵入しないようにラバーダムというゴムのシートで覆います。 ラバーダムを行うと治療の成功率が向上することが報告されています。

③ 使用する器具および薬剤:6%次亜塩素酸、EDTAにより感染巣の有機質・無機質を化学的に溶解し、超音波機器による機械的清掃を徹底しています。 PerioWaveを用いたPDTによる根管内殺菌を行っています。

④ 拡大鏡(ルーペ)およびマイクロスコープの活用:肉眼では見える範囲に限界がありますので、より術野を明るく拡大・明示することで成功率を向上させています。

垂直加圧充填

☆難治性の根尖病変がある場合、
外科的に治療する場合もあります。
☆精密な根管治療には1回の時間が60~90分かかります。

 

根管治療の流れ

当院では、確実で安全性の高い治療を行っています。

根管の洗浄・殺菌消毒

根管の洗浄・殺菌消毒

虫歯が進行して死んでしまった歯の神経を除去し、根管内を洗浄・殺菌・消毒します。

矢印

根管の充填

根管の充填

根管の内部に専用の薬剤を隙間なく充填し、密閉します。

矢印

被せ物を装着

被せ物を装着

密閉したフタの上に土台を作り、被せ物を装着します。

根管治療例

当センターでの根管治療例を紹介します。

歯内―歯周病変

一般に『歯内-歯周病変』とは、根管内病変と歯周病変がお互いの領域に及んでしまった状態で、歯を残すことが難しい病変と言われています。

当院では、このような病変に対して、術前に高画質の歯科用コンビームCTによる3次元的精査を行い、保存の見込みをより厳密に評価しています。全てのケースで歯の保存が可能な訳ではありませんが、少しでも保存の可能性があれば、保存のための最大限の努力をしたいと考えています。

治療としては、まずマイクロスコープを用いた精密根管治療を行い、その後の反応を見てから、歯周再生療法を組み合わせる等の方法で成功をおさめています。

※画像をクリックすると動画が再生されます。

  • 歯内―歯周病変
  • 歯内―歯周病変

マイクロスコープ下で発見できた珍しいMM根管

下顎の大臼歯は、根っこが2つや3つに分かれた複雑な形をしており、それぞれの根っこの中には、迷路のような細い神経の管が複数存在します。虫歯などにより、ひとたび中の神経に細菌感染が起こってしまうと、管の中をきれいに清掃するのは容易ではありません。しかし、ラバーダム防湿(唾液を完全に排除し、無菌的処置を行なうもの)を徹底し、マイクロスコープ精密根管治療を行うことによって従来(肉眼レベル)の根管治療では見落とされていた根管を見つける確率が高くなります。

(レントゲン)(CT画像)
レントゲンやCT画像で2つの根の分岐点に骨がなくなっている像(通称:根分岐部病変)が確認できます。この症例では、通常は下顎第一大臼歯近心根には2根管の神経管がありますが、通称『MM根(ミドル・メジアル根)』と呼ばれる珍しい根管を2つ発見し、合計4根管となりました。

矢印

術中
複雑な構造をしている根管をマイクロスコープで覗きながら、内部の汚れを機械的・化学的に清掃・洗浄します。

矢印

(レントゲン)(CT画像)
レントゲン写真のように、根っこの先まで薬(今回はGutta Percha point使用)を充填しました。術前には根分岐部の骨が吸収(溶けている)されていましたが、根管治療後には骨が再生し、無事に歯を残すことができました。

根管治療例はこちら

治療に関するお問い合わせ・ご相談はこちらから

  • 電話をする
  • WEB診療予約